初めてのNAM戦~米軍歩兵編 じん記

2014年、平成26年もあと数日で終わろうとしていますが皆様は如何お過しでしょうか。今年もいろいろありましたが、当方も遂にリアル・アラフォー(!)に突入してしまいました。若い頃40代と言えばスッゲーおっさんだと思っていたのですが、いざ自分がその立場になると実感が湧かないものです

閑話休題

初めてNAM戦を始めるにあたって、歩兵装備、厳密に言えば米陸歩兵装備は如何でしょうか。それじゃ同時期に活躍した米海兵隊も同じなの?とお思いでしょうが装備体系が全く違うため、海兵隊独自の装備が存在します。ここでは米陸軍装備を中心に紹介していきます

ベトナム戦争当時、どんな部隊が展開していたのか?映画「地獄の黙示録」で有名になった第1騎兵師団、同じく映画「プラトーン」で有名になった第25歩兵師団、映画「ハンバーガーヒル」の第101空挺師団が無難です。

まずは戦闘服、通称「ジャングル・ファティーグ」と言われるものです。

ジャングル・ファティーグ(ジャケット)

ジャングル・ファティーグ(ジャケット)

 

ジャングル・ファティーグ(パンツ)

ジャングル・ファティーグ(パンツ)

いまから10数年前まではサープラス(軍放出)品が手頃な値段で入手出来ましたが、今は品薄なのか(?)簡単に入手出来ず仮に入手出来たとしてもビックリする値段で二の足を踏んでしまいます(汗)

そこでレプリカをお勧めするのですが、そのレプリカもマルチカム等の最新型が幅を利かせているため、仮にレプリカが存在したとしても製造数も少ないため自分に合うサイズがあったら即購入するしかないのが現状です。哀しい哉、根気強くミリタリーショップ、ネットのオークションで探すしかないようです。

次はヘルメット、M2ヘルメットと言われているものです。

M2型ヘルメット

M2型ヘルメット

ヘルメット自体は現在でも比較的入手しやすいのですが、ヘルメットを覆っている迷彩カバーは通称「ミッチェル・パターン」と言われているものです。迷彩カバー自体は実物及びレプリカが流通しているので、自分の懐に合わせてチョイスするといいでしょう。

ブーツは通称「ジャングル・ブーツ」と言われるもので、通気性も良く比較的軽量なブーツです。

ジャングル・ブーツ

ジャングル・ブーツ

実物も出回っていますが、欧米人のサイズと日本人のサイズは微妙に合わないのと値段もビックリするほど高いのでオススメしません。その点レプリカは日本人の足型に合わせて作られているので苦痛ではありません、値段も1万円以内で入手できるのが嬉しいところです。

戦闘装備はM1956装備というものが使用されていました。現在でも実物がネットオークション等で手頃な値段のものが入手出来る場合があるので、焦らず慌てず地道に探すといいでしょう。

M56アンモニッション・ポーチ

M56アンモニッション・ポーチ

アンモニッション・ポーチには東京マルイのM16用の20連マガジンが3本入り、慣れないと取り出しづらいとおもいます。(余談ですがM14ライフルのマガジンが2本入ります)

M56キャンティーン(水筒)

M56キャンティーン(水筒)

キャンティーン(水筒)カバーも程度も良く手頃な値段の実物がネットオークションで入手できることもあります。

キャンティーン&カップ

キャンティーン&カップ

カップ(銀色の部分)はミリタリーショップでも入手しやすく、キャンプでも使えるので持っていて損はないアイテムです。キャンティーンについては注意が必要です、時々60年代に製造されたビンテージアイテムが流通していますが内部コーティングに有害な物質が使われている可能性があるため、飲料水を入れて携行する時は新しいものを使用して下さい。新しいものはミリタリーショップで入手できると思うので問い合わせてみるといいいでしょう。

M56ピストルベルト

M56ピストルベルト

M56サスペンダー(通称Hサス)

M56サスペンダー(通称Hサス)

ピストルベルト及びサスペンダーも比較的入手しやすいアイテムと言えます。

M56フィールドパック

M56フィールドパック

フィールドパックもかれこれ数年前までは比較的手頃な値段で入手出来たのですが、ここ最近の値上がりには正直驚いています。サバゲでは活躍するシーンはないのですがこれがあると装備がキマります。

M56ファーストエイド/コンパスポーチ

M56ファーストエイド/コンパスポーチ

このアイテムも比較的入手しやすく、ちょっとした小物を入れておくのに便利です。

MX991/U型フラッシュライト(通称:L型ライト)

MX991/U型フラッシュライト(通称:L型ライト)

このアイテムのレプリカは数多く流通しているため比較的入手しやすいと言えます、サバゲでは活躍するシーンは滅多にないと思いますが雰囲気が引き立ちます。

スナップリング

スナップリング

ロープ降下等の際に使用するもので、当時の兵士が携行している姿が見受けられます。サバゲでは活躍する機会は全くありませんが装備が引き立つアイテムの1つです。

左:マガジンポーチ 右:ガバメント用ホルスター

左:マガジンポーチ
右:ガバメント用ホルスター

M1911A1(コルト・ガバメント)用のホルスターで現在流通している各社のガスガンが入りますが、製品によっては入りづらいものがあります。マガジンポーチもガスガン用のマガジンが入りますが、ゲーム中に損傷する可能性もあるので注意が必要です。

M56カバーに入ったエントレンチングツールとM8A1スキャバードに入ったM7銃剣

M56カバーに入ったエントレンチングツールとM8A1スキャバードに入ったM7銃剣

エントレンチングツール(スコップ)と銃剣もNAM戦装備を語る上で必要不可欠なアイテムですが、サバゲではまず使われません。エントレンチングツール及びカバーも比較的入手しやすいアイテムです。

銃剣は銃刀法に抵触しないように加工されたものです。銃刀法に抵触しないように加工されているいとは言えフィールドおよびチームのレギュレーションでは持ち込みが禁じられているので、誤解をされないためにもコレクション、観賞用として自宅に保管しておいた方が無難でしょう。

M16A1(G&P製)

M16A1(G&P製)

言わずと知れたM16A1アサルト・ライフルですが、東京マルイ製の「M16 VNバージョン」は現在でも製造されているようですが、いわゆるスポット生産で入手しづらいのが難点です。またフレーム自体がプラスチック製であるため強度に難があります、G&PのM16A1はフレームが金属製のためハードな使用に耐えられます。G&PのM16A1についてもM4A1カービン等に比べて入手が難しい製品と言えるでしょう。マガジンも東京マルイ製のものが使えるのが嬉しいところ。

M1911A1(東京マルイ製)

M1911A1(東京マルイ製)

言わずと知れたM1911A1、通称「ミリガバ」と言われているものです。東京マルイ製が比較的入手しやすく、ゲームでの使用に十分耐えうる仕様になっています。

ホルスターに入ったM1911A1

ホルスターに入ったM1911A1

先に紹介したホルスターに問題なく入りますが、抜き差し時に銃本体に細かな傷がつく場合があります。

装備一覧

装備一覧 その1

これらの装備をまとめると…

装備一覧 その2

装備一覧 その2

このようになります。

ライトウェイトラックサック その1

ライトウェイトラックサック その1

このライトウェイトラックサックもサバゲでの使い道はありませんが、NAM戦好きとしては揃えておきたいアイテムです。

ライトウェイト その2

ライトウェイト その2

ライトウェイトラックサックに各種アイテムをつけると上記のようになります。つけ方のマニュアルはありませんが当時の写真等を参考にしています。

装着図 その1

装着図 その1

装着図 その2

装着図 その2

これはサバゲではなくベトナム戦争当時を再現したヒストリカルゲーム参加時の当方です、紹介してきた装備を装着すると上記のようになります。

サバゲでは使いづらいと思えるかもしれませんが、このような装備で過酷な状況下を戦った当時の兵士に思いを馳せるのと同時に敬意を表するべきでしょう。

NAM戦といっても海兵隊独自の装備が存在するのと、米陸軍特殊作戦部隊(グリーンベレー等)や米海軍特殊作戦部隊(シールズ)独自のアイテムが存在するため定義付けは難しいと考えます。

米軍だけでなくアメリカが支援した南ベトナム軍にも、旧ソ連や中国が支援した北ベトナム軍にも独自の装備が存在します。それらを完璧に網羅するのは不可能ですが、興味深いものがたくさんあります。

 

以後、機会を見て紹介していきたいと考えております。

 

 

 

 

広告

2014年10月定例ゲーム セディア・シダー記

お世話様です。セディア・シダーです。
10月の定例会はDHCは私一人での参加で、わがまま突撃隊さん VS u-MACさんでのゲームで私はわがまま突撃隊さんのチームで
ゲーム参戦しました。各チームに体験参加者が参加しいつもより人数が多く感じ、楽しくエキサイトしたゲームでした。
リミテッドルールでホップ切りなので初めの1~2ゲームは弾の距離がつかみ辛く、敵に撃っても弾が届かず「届かねー」(笑)ってつぶやいてました。

DSCN2200
12日は台風19号が心配でしたが13日の夜に上陸の予定であり、天気も良くゲーム出来て良かったです。

DSCN2201
愛用ウエポン、 SR-16(ナイツ) XM177 ハンドガンの1911ガバメントです。AM中にSR-16(ナイツ)使用しPM時は使い続ける気力はありましたがせっかく用意したのでXM177使用しました。ハンドガンの1911ガバメントは使う機会がなかったです。
マガジンは全ゲームノーマルマガジン使用しました。 

DSCN2202
DSCN2209

DSCN2210

DSCN2211

DSCN2212

DSCN2213

DSCN2214

DSCN2215

DSCN2217

DSCN2218 

ミーティングと休憩場風景とゲーム中の風景と赤チーム(自分が参加したチーム)メンバーの写真です。

インドアフィールド「taap」レポート ヤマモト記

とあるところからお誘いがあって、埼玉県戸田市にあるインドアフィールド「taap」に行ってゲームをしてきました。
前日が定例会だったのでみんなにフィールドについて聞いたところ、行ったことのないインドアフィールドということで感想などレポートします。

2014091501
フィールドの場所は、首都高速5号池袋線「戸田南」を降りてすぐのところにあります。インターチェンジから県道68号線をちょっと走って最初の交差点を右折するとすぐに反対車線側にフィールドがあります。

2014091502
見た目は倉庫で、ここに2箇所のフィールドがあります。自動車は建物前に駐車できますので荷物の移動も楽でした。

2014091503
フィールドは、倉庫の中を改造した2階建て構造です。1階が迷路状、2階が開けた状態になっていました。
だいたい15メートル四方の大きさでしょうか。第一印象は少し狭いなと感じました。
当日は正面右手のフィールドを使用しました。左側は清掃中だったので覗けなかったのが残念。

2014091504
1階はこんな感じで木製の壁で通路が作られており、あまり直線がない状態です。

2014091505
1階中央部。それなりに障害物がありますので待ち伏せなど出来ました。

2014091506
2階へ上がる階段は、手前と奥に2箇所あります。こちらは奥側の階段。
少し急ですかね。今回は初心者が多かったのでゲーム中に上下の移動は止めて、1階だけ2階だけとしてゲームしました。

2014091507
2階を奥から手前を見たところ。
階段を上がった部分に建物があるので、押さえられていなければ上下の移動も撃たれることなく出来そうです。

2014091508
2階を手前から奥を見たところ。
右手に見える建物は仕切りがあるのでお互いに攻めあぐねている時に飛び込めば状況が変わります。待ち伏せしてやられた奴もいました(笑)

2014091509
1階にあるセーフティゾーン。
エアコンや扇風機もあるので快適でした。備え付けのテーブルやベンチは自由に使えます。大型のデジタル時計もありました。
ここでは、銃からマガジンを取り出しておくことがルールです。もちろん発砲も禁止。

2014091510
セーフティゾーンにあるモニター。
このモニターで1階・2階のフィールドの状況が見えます。早めに帰ってきてもこのモニター見て結構楽しめました。
また、フィールド内の照明を落として夜間戦の状況でもフィールド内が把握できるのでこれは良いですね。

2014091511
シューティングレンジ。
フィールドの一部を利用して用意されています。試射などはここで出来ます。参加したみんながいろんな銃を持ってきていたのでここで撃っては調整してました。

2014091512
当日は使用しませんでしたがマガジンを暖めることも出来るようです。これは冬の時期などありがたいですね。

2014091513
フィールドに併設されているショップです。

2014091514

2014091515
ショップの方に断って内部を撮影させてもらいました。
実際に利用する暇はなかったのですけど見た感じ、いろいろそろっているようなのでゲームに空いた時間など楽しめそうでした。

ゲームの感想は、最初の印象通りちょっと狭いですね。ハンドガンでも端から端まで届きますのでフルオートを使う時はちょっと注意が必要だと思います。
でも、気心しれた人たちやチームとゲームする分には問題でしょう。ゲームにバリエーションつけて遊んできましたけど結構楽しんできました。
私は、一応年長者だったので(笑)ハンドガンのみでゲームしましたけど、久々にハンドガンを撃ちまくれ満足でした。

ちなみに、フルオートは2階部分だけで使用しました。狭い割には遮蔽物がしっかりしているのでなかなかヒットさせられないようでした。撃ちまくりたかった仲間は充実してみたいです(笑)

フィールド自体は交通の便も良いですし設備などは充実していますから、いつもゲームしている人たちとちょっと出来た時間で遊ぶには使えるフィールだと思いました。

2014年7月定例ゲーム セディア・シダー記

7月の定例ゲームは、曇りなのにやたらと暑く昼すぎから夏バテで体力の消耗が激しいゲームでした。

DSCN2179
集合写真です。

DSCN2171
ゲームで使用したウエポン マルイSR-16(ナイツ)、マルイM9(これは今回使用せず)

DSCN2178
マルイXM177(1992年製)ベースにDHCオギノさんにパトリオット化にカスタムしてくれた銃で、未来のSF映画に出てくるような出来栄えなので「パトリオット21」とつけてます。
片手で持てて楽です。狙いがつけづらいですが弾幕張るのに向いている銃です。
最近、でかいハンドガンに感じることもあります。

DSCN2174
DHCメンバーの準備光景です。

DSCN2173
メタルギア・ソリッド4のオールドスネークが着けていたワッペンで、今の自分はメタルギア病に侵されています・・・・メタルギア最高~~ 下は某チームのワッペンです。

DSCN2172
1ゲーム使える弾は600発でノーマルマガジン(68発)×3本と多連マガジン(300発)でノーマルマガジンでマガジンチェンジして最後の多連マガジンでシューティングを楽しんでました。

2014年5月定例ゲーム セディア・シダー(スギウラ)記

今回の定例ゲームはM16系のマガジン忘れて、わがまま突撃隊のサカモト隊長さんとユアサさんにマガジンを借りてゲームをしました。

サカモト隊長さんとユアサさんに感謝します。

フィールド内ではヘビ出現のトラブル?やら、休憩場内では蜂の巣があったりと次回は用心が必要となります。自分はヘビには遭遇していませんが近くにいた人が見かけたとの事でした。

今回のルールはオープンルールでHOP解除の600発ゲームで、ブッシュが薄いですが緑が濃くなりゲームに相応しいフィールドとなっていました。

今回のウエポンは東京マルイのSR-16(ナイツ)とXM177で特にXM177は15年位前で昔の仲間から譲り受けたエアガンで調子よくバリバリ撃て懐かしい感じでした。

自分は自治会役員会議の予定の為、14:00に引き上げましたが楽しいゲームでした。

DSCN2147

メインウエポンのSR-16(ナイツ)(上)とXM177(下)

DSCN2158 DSCN2148

マガジン忘れてしまいわがまま突撃隊 サカモト隊長さんとユアサさんに借りたマガジン。

左側がサカモト隊長さんから借りたG&P製のマガジンでSR-16(ナイツ)に入れる時に入れづらく少し癖があった。アルミを少し削ると良いようです。

少しマガジンが長く400発弾が入ります。ルールは600発なので300発に調整して使いました。

右側がユアサさんから借りたマガジン。メーカーは伺っていませんが何時もの通り使えました。

DSCN2152 DSCN2153 DSCN2154

フィールドの風景を撮ってみました。ちょっとブッシュが濃い目になりゲームにいい感じです。

 

以上レポートでした。

 

2014年4月定例会 セディア・シダー(スギウラ)記

今回の定例ゲームは、アクシデント?がありましたがインパクトのある楽しいゲームでした。
ネットでポシャッタチェストリグも良いんじゃない?って感じで良かったです。

DSCN2074 シダーが使用するウエポンです。

M733(マルイ製)とM9A1(マルイ製)

マガジンはノーマル(64発)です。マガジンチェンジが銃のリアリティーもあり、楽しめました。

 

 

 

 

 

DSCN2081     フィールドの風景です。ブッシュが薄く広々とし敵を見つけ易いですがHOP無の為、弾が届かず敵に見つからない様に接近して

やるしかないです。お互いに弾が当たらずですがバリバリ撃つことが出来るのでその点で楽しみました。

エアガン撃ってなんぼですからねー。1ゲーム、酔った勢いで買ったM9A1(マルイ製)ハンドガンが撃ちたいが為にこれ一丁で挑んでみました。

身軽に動きやすく普段ハンドガンが撃てないのでガンガン撃てて爽快でした。たまには、ハンドガンで挑むのも良いですね。

あまりに動ける為テンションが上がりフラッグ目指して動き鈍そうに走ったら、案の定敵にやられました(笑)。

 

DSCN2083U-MACさん5名とDHC(1名+撮影してる為写ってないシダー=2名)

 

 

M733(マルイ製)大破&M9A1(マルイ製)紛失危機

DSCN2079

1ゲーム目に高速移動した時、足を何かにつまづかせ転んだ時にM733(マルイ製)ライフルがポッキリ  逝きました。

今回はウエポンが一丁しか準備したいなかった為、DHCの山本さんからM733をお借りしてゲームをしました。

ゲーム中にM9(マルイ製)のハンドガンをフィールドに落としてしまいましたが見つかりました。

山本さん、ご協力ありがとうございました。

 

 

DSCN2094 アッパーフレームの破損です。

アッパーフレームを取り寄せて交換したいと考えています。

 

 

 

 

 

ネットで購入したチェストリグ

DSC_0053

SHENKEL ライトウェイト モジュラーベスト チェストリグ var.4 マルチカム

アマゾンで購入しました。

 

 

 

 

DSCN2078

シダー装着。

装着して初めてのゲームでした。体に合い良かったです。

いつもお世話になってます、わがまま突撃隊のサカモト隊長さんが言うには、

お店とかで購入して試着してそれからネットで購入したほうがお勧めです。

 

 

DSCN2089 わがまま突撃隊 サカモト隊長さんから、使い勝手を教えて頂きM16系のマガジンが2本入ることを知り  ました。

購入してみたこの品は使い勝手良さそうでラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年3月定例会 セディア・シダー(スギウラ)記 

いつもお世話になります。シダー(スギウラ)です。

2014年度よりセディア・シダーとして活動していきたいと
思います。「暫くは、(スギウラ)と表記します。」

DSCN2059

3月の定例ゲームはわがまま突撃隊さん6名、uMACさん4名、DHC1名で合わせて11人。
隊毎にチームを分けるのが中途半端になるが為シャフルしてチームを分けました。

DSCN2064
チームを生まれた西暦の偶数OR奇数の偶数チーム(シダーは’72年生まれです。)
その後に、誕生日の日にちが偶数or奇数で分けたり、住んでいる番地が偶数or奇数と分けたりしてチームをシャフルしました。
普段、敵になる人が味方になったり、ゲームが上手い人の動きを研究して勉強にもなりました。

誕生日の日にちの偶数or奇数分けの時、偶数チームが8名に 奇数チームが3名に分けられ私は5/15なにで奇数チームなのだが3人しかいなく「えっ」と思いました。
ここで、火力の差がありすぎる為偶数チーム8名はセミオート、奇数チーム3名はフルオートのルールでのゲームとなりさらに3名チームは交代で3ゲーム程実施した。

実際、やってみると3名チーム(フルオートOK)の時は敵は多いが弾は一発しか打てないので少し自分は弾をフルに出せる安心感があり、
8名チーム(セミオートのみ)の時は人数が多いから協力すれば出来るのではないかと思い安心感があり、意外と面白いゲームでした。

DSCN2060
今回使用ウエポン SR-16(ナイツ)、M733

DSCN2068
わがまま突撃隊のバッハさんから格安で買いました。ゲスト用での使用とのことでしたが売って頂きありがとうございました。
今後、定例会で使用したいと思います。って後チェストリグを探したいと思います。

今回の定例会参加者の皆さん、大変お世話になりました。
又、次回の定例でよろしくお願いします。